利用規約

このたびは国会議員の名鑑ぷぶりすてらにお越しいただき、誠にありがとうございます
国会議員の名鑑ぷぶりすてらのご利用は以下の規約にご承諾いただいた方のみに提供させていただくサービスです。従いまして、利用ユーザーの皆様は規約にご承諾いただいたものとさせていただくのでご注意ください。
第1条:利用の適用について
この国会議員の名鑑ぷぶりすてら利用規約(以下、「本規約」といいます。)は、ぷぶりすてら事務局(以下、「弊事務局」といいます。)が提供するサービスである国会議員の名鑑ぷぶりすてら(以下、「本サービス」といいます。)を本サービス利用者(以下、「ユーザー」といいます。)が利用する際に適用されます。
第2条:規約の変更
  • 変更後の規約は弊事務局が別途定める場合を除き、本ザービスのサイト上に表示した時点より、効力を生じるものとします。
  • 弊事務局は利用者の了解を得ることなくこの規約を変更することがあります。この場合に、本サービスの利用条件は、変更後の利用規約によるものとします。
第3条:会員について
  • 本規約を承認の上、規定の登録手続きを完了した方を会員(以下、「会員」といいます。)とします。
  • 1ユーザーにつき1会員のみ会員登録できるものとします。
  • 会員の譲渡、売買、貸与等の行為は一切禁止いたします。
  • パスワードなどの本サイトに登録した情報の管理は、会員が行いその責任は会員が負うものとします。
  • 弊事務局では会員登録情報利用についての過失及び第三者の利用に伴う損害の一切の責任を負わないものとします。
  • 会員登録情報は、弊事務局が所有するものとし、個人が特定できる情報(氏名・住所・電話番号・メールアドレス)については、本サービス提供に必要な範囲内での委託先への預託の他、会員本人による開示の承諾があるものを除き、原則として、社外への提供は行わないこととします。
  • 以下の場合については、前項にかかわらず、当該会員の同意なく会員登録情報の一部(氏名・住所)を開示することがあります。
    (1)弊事務局および第三者に不利益を及ぼすと判断した場合、警察または関連諸機関に開示する場合
    (2)警察、裁判所、検察庁、弁護士会、消費者センターまたはこれらに準じた権限を有する機関から、登録情報の開示を求められた場合、弊事務局がこれに応じることを判断した場合
    (3)その他弊事務局が開示を相当であると判断した場合
  • 会員の登録情報に変更が生じた場合、会員は速やかに所定の手続き行うものとします。
第4条:利用について
  • 本サービスから配信される情報の解釈については利用者が判断し、信頼性などについては利用者の責任において利用することに同意します。
  • 本ザービスではユーザーに有益なサービス提供のためクッキーを利用します。クッキーは業界標準の技術となっており、多くのサイトで利用されております。クッキーにはユーザーの身元を特定するような情報含まれません。
  • 弊事務局はユーザーへ提供している本サービスを当社の都合により変更することがございます。
  • 災害・事故、その他緊急事態が発生した際には、本サービスを停止する場合があります。
  • 本サービスはメンテナンス等のためユーザーへの事前告知なくサービスの一部または全部を停止する場合があります。
  • 事前にユーザーの承諾を得ることなくサービスを変更・停止等したことにより、ユーザーまたは第三者が損害を受けたとしても、弊事務局は一切の保証は致しません。
第5条:プライバシーについて
ユーザー、会員の個人情報は弊事務局のプライバシーポリシーに従って取り扱われます。
第6条:禁止事項
ユーザーは、本サービスを利用して、次の行為を行わないものとします。
  • 弊事務局もしくは第三者の著作権、商標権等の知的財産権を侵害する行為
  • 第三者の財産、信用、名誉またはプライバシーを侵害する行為、または侵害のおそれがある行為
  • 犯罪的行為に結びつく、または助長する行為
  • 公序良俗に反する行為
  • 弊事務局および本サービスの信用を毀損する行為
  • その他弊事務局が不適切であると判断する行為
第7条:知的財産権
本サービスに掲載されている全てのコンテンツは、弊事務局が所有しています。書面による許可なく、個人的な目的以外で使用することは禁止されています
第8条:免責事項
本サービスの利用は、お客様ご自身の責任においてご利用いただきます。また、次の項目に関して、遵守していただく必要がございます。
  • 本サービスの掲載内容に関する信頼性、正確性、適法性、有用性等はユーザーご自身で判断し、ご利用はユーザー自身の負担で行う事とします。弊事務局では本サービス掲載内容の信頼性、正確性、適法性、有用性についての保証は一切行いません。
  • 弊事務局はユーザが本サービスを利用して、損害や不利益を被った場合に一切の責任を負わず、損害賠償の義務を負わないものとします。
  • 弊事務局はユーザが本サービスを利用して、第三者に対して損害を与えた場合に一切の責任を負わず、損害賠償の義務を負わないものとします。
  • 弊事務局はユーザが使用するいかなる機器、ソフトウェアについても、その動作保証を一切行わないものとします。
  • 弊事務局は通信回線やコンピュータ等の障害による、サービスの中断・遅滞・中止、データの消失、データへの不正アクセスにより生じた損害等について、弊事務局の過誤の有無に拘わらず一切の責任を負わず、損害賠償の義務を負わないものとします。
  • 弊事務局は本サービス利用の際に発生した、電話会社又は各種通信業者より請求される接続に関する費用は、ユーザーが自己責任において管理するものとし、弊事務局いかなる保証も行わないものとします。
第9条:準拠法・裁判管轄
本規約に関する準拠法は日本法とし、本規約に関して訴訟の必要が生じた場合には、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

2013年3月1日制定